出産や妊娠を扱う専門家について

妊娠

出産や妊娠を扱う専門家の代表格はやはり産婦人科の医師です。
産婦人科の医師は妊娠してから出産するまでの経過をチェックするだけでなく、母体と胎児の状態を確認しながら健康状態に関する指導を行います。
専門知識や技術を有しているため、出産の時にも対応をするので最も多く接する人間とも言えます。
専門家としては、看護師もこれに当たります。
直接診断を下すなどのことはないものの、点滴や介助などを行い、また妊婦のメンタルケアとして対話などを行うこともあります。
他にも、民間企業が子育てや妊娠についての知識を教える講座などを行っている事があり、こうした講座などの講師も専門家に当たります。
産婦人科などとは独立しており、幼稚園の園長や大学で教鞭をとっている教育学の専門家など様々な人間を呼んでの講座を行うスタイルが一般的です。
まだ妊娠している段階では、子供の入浴方法や抱き方などを教える講座を地域が開催していることもあり、こうした講座などの講師やケアマネージャーも出産や妊娠に関する知識を豊富に有しています。
座学での知識だけでなく、実践しながら抱き方や入浴方法を覚えるために人形などを使うスタイルが定番です。
このように産婦人科や医師以外でも出産や妊娠に関する知識を有している専門家は多く、そのほとんどが出産を控える妊婦やその夫の精神的なケア及び、知識的な部分の補助を行ってくれる制度やシステムが確立されていることがほとんどなのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031